・・服部農園の1年・・

楽しく愉快な農園の一年。

農園では米の生産の他に大麦の栽培、夏野菜の苗の生産、冬には水田を利用して露地野菜を作っています。

目まぐるしい一年ではありますが、米、麦、野菜苗、露地野菜と2~3種類の作業は同時進行。

 

   1月    まずは記念撮影と初詣から

平成30年1月5日 仕事初め 事務所前で記念撮影

よ~し頑張るぞ!!と始まる1月。近所の氏神様へ全員で初詣に出かけます。

大将からは今年一年の「経営計画発表」です。この一年、我々がどこを目指していくのか、一年の地図を示す大切な日です。

1月は露地野菜の収穫出荷に加えて、夏の野菜苗の出荷(4月~5月上旬)に向けて施設の準備に入ります。

築40年を超えたオンボロビニールハウスの修繕とビニール張り。徐々に夏野菜の種蒔きも始まります。

 

 2月~3月  

夏野菜苗の生産と田んぼの耕起

2月~3月は苗生産部隊、田んぼ部隊に分かれての作業が続きます。

苗の施設では種まきや接木の作業が本格的に始まり、苗の様子に注意が必要です。

田んぼでは「春作業」と呼ばれる準備が始まります。
田んぼのメンテナンスとして畦の補修や土づくりのための堆肥※の散布をしながら田植えまでに1枚の田んぼに3回の耕起作業が行われます。

※農園の堆肥は籾、米ぬかに微生物を散布し作られています。

 4月  

野菜苗の出荷

夏の野菜ってどんなのがあるっけ???

茄子、トマト、ピーマン、スイカ、メロン、ズッキーニ、南瓜、オクラ、
ゴーヤ・・・・

茄子だけでも何種類もある・・・。
トマトだって何種類もある・・・。

鉢の色で品種を見分けていよいよ野菜苗の出荷です。

 

 

 5月  

超絶繁忙期突入!

米は籾まき&元気くん・麦刈りも進行中

5月、いよいよ本格的に米づくりが始まります。
農園で最も力を入れているのが稲苗の育苗作業。籾まき、苗並べ、元気くん作業を何度も繰り返します。

職場体験の中学生も一緒に苗並べ。
野外の苗田での育苗も最近では珍しい光景です。(詳しくはこちらへ お米のこと)

 

麦刈りも進行中

5月後半
大麦の収穫も始まり、
目まぐるしい日々。

大口町で収穫する大麦は六条大麦。
麦茶の原料として加工されています。

 

 6月  まだまだ超絶繁忙期  田植え!田植え!田植え!

雨が降っても、槍が降っても6月は田植え。 植えて、植えて、植えまくり!

 

 7月  

草との闘いと成長の時期

7月はホッとできるかな~と思ったら…。気を抜くと田んぼの雑草はのびるのびる。
暑い太陽の下で草との闘いが始まります。ひたすら田んぼの草ひきと草刈り。

そして、成長の時期でもあります。7月は社員旅行と恒例の経営研修が待っています

平成27年 渋温泉(長野県)

平成28年 ベトナム

MG研修(マネージメント・ゲーム研修)

 

 8月  

田んぼはひたすら草との闘い、

そして冬野菜の準備が始まる

田んぼは引きつづき次々と生える草との闘いです!
その傍らで冬野菜の準備が始まります。ブロッコリーやキャベツの種蒔きと育苗。

そして毎年ファームステイに外国の若者たちがやって来ます。

 

 9月  田んぼはひたすら草との闘い、冬野菜は定植作業

9月に入ると急に赤とんぼが飛び始めます。
田んぼは大きくなってきた稲を見ながら、ひたすら草かり、草引き。
冬野菜は定植(畑に苗を植える事)の季節です

 10月・11月  一年の集大成 稲刈り

10月に入ると稲刈りが始まります。約2ヶ月間、稲刈りは続きます。
稲刈りの前はちょっとドキドキ。一年の集大成。成績表をいただくような気分です。

「ありがとう」と田んぼに感謝しながら、収穫の喜びをかみしめます。

 

10月後半からは大麦の播種(麦播き)も始まり、この麦は5月の末に収穫です。

 

 12月  

冬野菜の収穫が本格的に!

そして一年の締めくくりは餅つき

8月に種まきをしたキャベツやブロッコリーはそろそろ収穫の季節です。

一年の終わりは餅つき大会で締めくくります。

餅つきは必ず12月30日。
 一年間お世話になった方々や農園を支えてくれた歴代の社員さんたち、今を支える社員さんたち。
み~んな、み~んな家族を連れて集います。服部農園は大家族です。

 

私たちのことページへ戻る私たちの事

TOPへ戻るTOP